• ファミリークリニック・せぐち小児科

お子さまが胃腸炎になったら・・・

朝晩めっきり寒くなってきましたね。 日中との温度差が大きいので、体調に気を付けたいです。 ペンギンハウスでは近頃、胃腸炎のお子様のお預かりが増えてきました。 そこで今月は、お子様が嘔吐、下痢をした時にご家庭でどうしたら良いか、その対処法をご紹介します。

〇嘔吐 発症するとしばらくは嘔吐症状が続きます。 ひとしきり胃の中のものを吐ききると、自然に嘔吐をすることも少なくなり、本人も水分を欲するようになります。しかしまだまだ胃腸の動きも悪い時期であるため、本人任せに水分をあげるのではなく、保護者の方が少量ずつ与えるようにしてください。スプーン一杯の水分をあげてみて嘔吐しないことを30分程度観察した後にその倍量をあげるなど、極少量ずつこまめに与えることがポイントです。 嘔吐時には水分以外にも糖分やミネラル等も失われます。そのため、水やお茶だけでは不充分であり、市販の乳児用経口イオン水が脱水を避けるためにはベストです。しかし、味の問題から嫌がるお子さんもいらっしゃるので、リンゴジュースを薄めたりすることも許容されています。 なお乳製品は下痢症状を悪化させるので、胃腸炎の時には避けるようにしてください。この時期には吐き気止めを併用することも有効です。

〇下痢 下痢の場合、水分摂取の重要性は変わりません。 また、胃腸の働きが弱っている時期ですので、おかゆやうどん、野菜スープやゼリー等、柔らかいものを中心にあげてください。繊維質の多い野菜や脂肪の多い食べ物、お菓子等は避けましょう。 整腸剤を飲むことも適応になります。 経過中に体重が減ることもありますが、一過性のことがほとんどです。急性期にはいかに脱水を避けるかに注意を払い、適切なタイミングで水分/固形物を与えることが肝要です。


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月に入り、新型コロナウイルスの流行が拡大する中、子どもたちのあいだではRSウイルス感染症も大流行しています。 ペンギンハウスもRSウイルス感染症のお子さんが多いです。 RSウイルス感染症は、発熱、鼻汁、鼻詰まり、咳、ゼイゼイなどの症状がひどく、生後6ヶ月以内の赤ちゃんや基礎疾患のある赤ちゃんがかかると重症化しやすい風邪です。 咳や鼻汁で寝られない、飲めない、食べられない状態が続くと入院が必要にな

7月に入ってから雨が増え、梅雨が戻ってきたようなジメジメした暑さですね。 当院では、手足口病やヘルパンギーナなどの感染症も増えてきています。夏は、子どもがウイルス性の感染症にかかりやすい季節ですので、感染症の正しい知識を身につけて予防し、感染拡大を防ぎたいですね。そこで今月は、主な夏の感染症をご紹介します。 <主な夏の感染症> 〇手足口病 その名の通り、手、足、口に水疱ができる病気。お尻や肘、膝に