top of page
  • 執筆者の写真ファミリークリニック・せぐち小児科

インフルエンザA型が流行しています。

12月に入り、いよいよ寒さも本番になってきましたね。

寒さと共にインフルエンザA型が流行し始めています。 ペンギンハウスや他の病児保育施設でもインフルエンザのお子さんのお預かりが増えてきました。 今年のインフルエンザは熱が高く、皆さんしんどい様子です。

インフルエンザの予防接種を受けても、インフルエンザにかからないわけではありませんが、かかっても症状を軽くすることができます。

この季節、風邪もひきやすくて体調が整わず、インフルエンザの予防接種がなかなか受けられなかったりするお子さんも多いかと思いますが、予防接種を受けてから抗体が上がるのに数週間かかりますので少しでも早く受けておきたいですね。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年度がはじまり、新しい生活に少しづつ慣れてこられたでしょうか? 疲れが出て体調をこわすお子様もおられるかと思います。 今年はゴールデンウイークにお出かけされる方も多いかと思いますが、休養もしっかりとりながら、心身ともに元気にお過ごしくださいね☆ さて、今回は熱が出たときのホームケアについてご紹介したいと思います。 子どもの発熱の多くは、感染症によるものです。体温を上げることで、病気の原因(病原体

季節外れの暖かさになることも多かった3月ですが、朝晩は気温が下がったり、暖かい日の翌日に急に気温が下がったり、気温差が激しかったように思います。また、季節の移り目には体調も崩しやすいので、皆様ご自愛いただきたいと思います。 さて、寒い冬には窓を開けての換気は億劫になりますが、だんだんと暖かくなってきましたので、よく窓を開けて換気されるお家も増えてきたのではないでしょうか。今月はそんな換気についてお

年が明け、1・2月が慌ただしく過ぎていったように感じます。これから暖かくなっていき、草木が芽吹き新しい命がたくさん生まれてきますね。 さて、4月を迎えるにあたって、これから新しくお子様が保育園等に入園される保護者の方もおられるのではないでしょうか。お子様にとっては初めての集団保育になりますし、保護者の方は新しい環境での子どもの様子が何かと気がかりになると思います。 また、集団生活ですので、そこには

bottom of page