top of page
  • 執筆者の写真ファミリークリニック・せぐち小児科

ペンギンハウスよりおしらせ

インフルエンザの流行が全国的に流行しております。

ペンギンハウスでもインフルエンザのお子さまが連日ご利用されています。


最近のペンギンハウスのお預かりまでの流れについてのご案内とご協力のお願いをさせていただきます。


ペンギンハウスのお部屋は3部屋あり、同じ病気のお子さまが同室で過ごせるようになっております。


当院では、朝、8時以降に保護者の方から病児保育利用希望者のご連絡をお受けするところからはじまります。

次にお電話で保育士が症状を聞き取りさせていただいて、その内容から院長が必要だと判断した検査をさせていただいております。

現在のところ、コロナウイルス感染症の場合はお預かりすることが出来ませんので、原則発熱のお子さまにはお車で検査をさせていただいております。

さらに、最近ではインフルエンザの検査も連日続いている状況です。

検査の結果で、陰性のお子さまの場合でも周囲の流行状況や、発熱してからの時間等によってお部屋をお分けしてお預かりするように配慮しております。


複数のお子さまをお預かりするため、より安全に、保育室での感染拡大を防ぐためです。


細かい聞き取りになってしまい、お時間がかかってしまい大変ご迷惑をおかけしております。

ご利用希望の保護者の方にはいつもご協力いただき、ありがとうございます。


大切なお子さまを安全にお預かりできますように環境を整えてまいりますので引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

閲覧数:100回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペンギンハウスよりおしらせ

7月11日(木)は、院長の都合により、病児保育入室前の診察が9時頃からとなります。 そのため、通常よりも入室が遅くなる可能性があります。 また、7月13日(土)は、スタッフが病児保育研究大会に参加するため、病児保育室ペンギンハウスは閉室とさせて頂きます。 医院の診療は通常通りとなります。 大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

外来での発熱対応について

当院の新型コロナウィルス感染症(COVID-19)は毎週2-3人程度となり、 昨年までのような大流行はないようです。 ヘルパンギーナ、アデノウィルス感染症などの夏風邪やRSウィルス感染症、 溶連菌感染症が多くなっています。 当院の発熱対応ですが、ご家族や周りにCOVID-19の方がおられる以外は、 積極的な検査はしておりません。 周囲にCOVID-19陽性者がおられ、検査をご希望の場合や状況によっ

Comments


bottom of page