top of page
  • 執筆者の写真ファミリークリニック・せぐち小児科

ペンギンハウス 9月 monthly news

9月に入ってもまだまだ暑い日が続きますね。暑さによる寝苦しさは睡眠の質を落とし、疲れを抜けにくくさせます。このような夏の疲れが8月後半から9月にかけて食欲不振や疲労感、だるさなどの体調不良につながってきます。

お子さんの調子がわるくなった、保護者であれば誰でも心配になるのは当然です。

「もし入院になるような病気だったらどうしよう・・・」「明日は自分の仕事も急に休めないし、困ったなぁ・・・」など、いろいろ悩むことも多いかと思います。


今月は 救急受診の目安・判断 についてお話しします。


すぐに受診した方がいいのか

医師が「この子は大丈夫」というときには、

①子どもの見た目・様子

②息づかい

③顔色・皮膚の色

などから判断しています。

ふだんから子どもの様子をみている保護者も、これらの変化に気づくことができると思います。

観察のポイント

見た目・様子

・好きなおもちゃなどに興味を示すか

・手足をよく動かすか

・目線があうか

・泣き声や声が弱々しくないか


息づかい

・いつもに比べて息が荒くないか

・息をする際に変な音がしていないか(ゼイゼイなど)

・肩で息をしていたり、鼻をピクピクさせるような息をしたりしていないか


顔色・皮膚

・顔色や手足の色がわるくないか

・手足が冷たくなっていないか


①から③のいずれかに問題があれば、すぐに受診することをおすすめします。また1回の観察で問題がないと判断した場合でも、くり返し観察することが重要です。





閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page