• ファミリークリニック・せぐち小児科

ペンギンハウス 10月monthly news

朝夕が涼しくなり秋の訪れを感じる今日この頃です。

現在、夏風邪の一種であるヘルパンギーナが流行しています。

ヘルパンギーナはウイルス感染が原因で、大人も発症しますが、乳幼児に多い感染症です。


潜伏期はおおよそ3~6日間で、主な感染経路は飛沫感染、接触感染、経口感染です。

発症すると突然の38~40度の発熱が1~3日間続き、主に口の中に1~5㎜の水疱や潰瘍ができて痛みをともないます。


治療は、必要に応じて症状を緩和する対症療法を行い、症状が治まれば登園できます。


幼稚園や保育園でも運動会が始まっていますね。お疲れを出されないようお気をつけ下さい。






閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月に入り、新型コロナウイルスの流行が拡大する中、子どもたちのあいだではRSウイルス感染症も大流行しています。 ペンギンハウスもRSウイルス感染症のお子さんが多いです。 RSウイルス感染症は、発熱、鼻汁、鼻詰まり、咳、ゼイゼイなどの症状がひどく、生後6ヶ月以内の赤ちゃんや基礎疾患のある赤ちゃんがかかると重症化しやすい風邪です。 咳や鼻汁で寝られない、飲めない、食べられない状態が続くと入院が必要にな

7月に入ってから雨が増え、梅雨が戻ってきたようなジメジメした暑さですね。 当院では、手足口病やヘルパンギーナなどの感染症も増えてきています。夏は、子どもがウイルス性の感染症にかかりやすい季節ですので、感染症の正しい知識を身につけて予防し、感染拡大を防ぎたいですね。そこで今月は、主な夏の感染症をご紹介します。 <主な夏の感染症> 〇手足口病 その名の通り、手、足、口に水疱ができる病気。お尻や肘、膝に