• ファミリークリニック・せぐち小児科

ペンギンハウス 10月monthly news

朝夕が涼しくなり秋の訪れを感じる今日この頃です。

現在、夏風邪の一種であるヘルパンギーナが流行しています。

ヘルパンギーナはウイルス感染が原因で、大人も発症しますが、乳幼児に多い感染症です。


潜伏期はおおよそ3~6日間で、主な感染経路は飛沫感染、接触感染、経口感染です。

発症すると突然の38~40度の発熱が1~3日間続き、主に口の中に1~5㎜の水疱や潰瘍ができて痛みをともないます。


治療は、必要に応じて症状を緩和する対症療法を行い、症状が治まれば登園できます。


幼稚園や保育園でも運動会が始まっていますね。お疲れを出されないようお気をつけ下さい。






閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

鳥取県でも新型コロナウイルスのクラスターが発生するなど、流行が収まらず、保育園や学校もたびたび休園・休校するなど落ち着かない日々が続いていますね。 その他の病気の流行はありませんが、咽頭炎などでペンギンハウスを利用されるお子さんも少しずつ増えています。 現在、ペンギンハウスでは、入室時に必ず当院で抗原検査またはPCR検査を受けてから入室していただくようにしています。 朝お急ぎのところ時間がかかりご

3月に入り、ぽかぽかいいお天気の日が増えてきましたね。 ペンギンハウスも最近は特に流行する病気なく、落ち着いています。 さて、3月18日は【春の睡眠の日】です。 〜快適な睡眠のための7箇条〜(厚生労働省) 快適な睡眠でいきいき健康生活 睡眠は人それぞれ、日中元気はつらつが快適な睡眠のバロメーター 快適な睡眠は自ら創り出す 眠る前の自分なりのリラックス法が大切。眠ろうとする意気込みが頭を冴えさせる