• ファミリークリニック・せぐち小児科

ペンギンハウス 10月monthly news

朝夕が涼しくなり秋の訪れを感じる今日この頃です。

現在、夏風邪の一種であるヘルパンギーナが流行しています。

ヘルパンギーナはウイルス感染が原因で、大人も発症しますが、乳幼児に多い感染症です。


潜伏期はおおよそ3~6日間で、主な感染経路は飛沫感染、接触感染、経口感染です。

発症すると突然の38~40度の発熱が1~3日間続き、主に口の中に1~5㎜の水疱や潰瘍ができて痛みをともないます。


治療は、必要に応じて症状を緩和する対症療法を行い、症状が治まれば登園できます。


幼稚園や保育園でも運動会が始まっていますね。お疲れを出されないようお気をつけ下さい。






23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス感染拡大時における病児保育室ペンギンハウスのお預かりについて(2)

以前、上記についてご連絡させていただきましたが、感染状況は日々変化している状態です。病児保育室ペンギンハウスのお預かり対応も、感染状況によって随時変更させていただく場合がございます。 したがって、お預かり希望日の24時間以内に発熱された小学生であっても、近隣市町村の感染が少ない時期はお預かり可能な場合もありますので、ご相談ください。

9月 mounthly news

生後6ヶ月以内の赤ちゃんの風邪に注意しましょう! 生後3~6ヶ月ごろまでの赤ちゃんは、風邪にかかりにくいです。 でも風邪にかかったら、重症になることがあるので注意しましょう。 1.赤ちゃんが、風邪にかかりにくのはなぜ? 赤ちゃんはお母さんのお腹にいるときに、胎盤から抗体という、免疫を担当するタンパク 質をたくさんもらって生まれてきます。このため、生後6ヶ月くらいまでは病気になりにくいのです。また、