• ファミリークリニック・せぐち小児科

ペンギンハウス 12月monthly news

 冬らしい寒さが訪れ、今年もあと一か月を切ったのかと時の速さに驚く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。ペンギンハウスにも咳、鼻汁などの風邪症状が出始めたお子様がちらほら来られています。


コロナウイルス感染増加の報道が続く中、以前に比べてお家で過ごすことが多くなったのではないでしょうか?

お家の中での子育ては大変だと思います。室内遊びではお子様の元気があり余り、うまく発散できない。それに伴いお昼寝などの生活リズムが崩れていく。お部屋が散らかる。など、保護者の方もストレスが溜まりやすくないですか?


この度、厚生労働省が

「安心感や信頼感、温かな家庭で心地よい親子関係を!」

という事でいくつかポイントをあげているので、ご紹介しますね。

(以下、厚生労働省のポスターより)


子育てを担うことは、大変なことです。子どもに腹が立ったり、イライラすることも…

日頃から子育ての具体的なポイントを参考に子どもと向き合い、周囲の力を借りながら子育てしていきましょう。

〇子育ての具体的なポイント〇

①子どもの気持ちや考えに耳を傾けましょう

②「言う事を聞かない」にもいろいろあります

③子どもの成長・発達によっても異なることがあります

④子どもの状況に応じて、身の回りの環境を整えてみましょう

⑤注意の方向を変えたり、子どものやる気に働きかけてみましょう

⑥肯定文で分かりやすく、時には一緒に、お手本に

➆良いこと、できていることを具体的にほめましょう

〇保護者自身の工夫のポイント〇

①否定的な感情が生じたときは、まずはそういう気持ちに気付き、認めることが大切です。

②自分の時間や心に余裕がない時は、深呼吸して気持ちを落ち着け、ゆっくり5秒数えたり、窓を開けて風にあたって気分転換しましょう

③周囲の力を借りると解決することもあります。勇気をもってSOSを出すことで、まだ出会えていない支援やサービスに出会えたりします。


少しでも参考になればいいなと思います。

辛い時は無理をせず、助け合いながらみんなで子育てができたらいいですね。



閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月に入り、新型コロナウイルスの流行が拡大する中、子どもたちのあいだではRSウイルス感染症も大流行しています。 ペンギンハウスもRSウイルス感染症のお子さんが多いです。 RSウイルス感染症は、発熱、鼻汁、鼻詰まり、咳、ゼイゼイなどの症状がひどく、生後6ヶ月以内の赤ちゃんや基礎疾患のある赤ちゃんがかかると重症化しやすい風邪です。 咳や鼻汁で寝られない、飲めない、食べられない状態が続くと入院が必要にな

7月に入ってから雨が増え、梅雨が戻ってきたようなジメジメした暑さですね。 当院では、手足口病やヘルパンギーナなどの感染症も増えてきています。夏は、子どもがウイルス性の感染症にかかりやすい季節ですので、感染症の正しい知識を身につけて予防し、感染拡大を防ぎたいですね。そこで今月は、主な夏の感染症をご紹介します。 <主な夏の感染症> 〇手足口病 その名の通り、手、足、口に水疱ができる病気。お尻や肘、膝に