top of page
  • 執筆者の写真ファミリークリニック・せぐち小児科

ペンギンハウス 2月 Monthly news

病児保育でお預かりする際に、保護者の方から“お薬の飲ませ方がわからない”“飲むのを嫌がる”等の悩みの声をお聞きすることがあります。

今回はお薬の飲ませ方のポイントをご紹介します。


<乳幼児への飲ませ方>

水薬はスポイトやスプーンを用いて飲ませます。一気に口の中に入れずに、少しずつ流しいれて下さい。

粉薬は、湯冷ましで溶かして、水薬と同じ方法で飲ませます。または、湯冷ましを一滴ずつ落としてペースト状にしてから口の中に入れ、水や湯冷ましで飲ませます。


ミルクに混ぜると、全部飲まなかったり、ミルクが嫌いになったりすることもあります。

どうしても…というときは、薬を溶かした少量のミルクを飲ませてから、薬を溶かしていないミルクを飲ませます。


<幼児への飲ませ方>

2歳くらいになって言葉が理解できるようなったら、薬の事をきちんと説明してあげて下さい。ごまかそうとすると余計に嫌がるようになります。

なるべく食品などと混ぜずに、そのまま飲む習慣をつけましょう。

苦みや舌ざわりなどでどうしても嫌がる場合、お子さんが納得すれば何と混ぜてもかまいません。ただし、混ぜるものによっては苦みが強くなってしまう薬もあるので、薬剤師や主治医に相談して下さい。


薬の味が嫌いというだけでなく、様々な原因で飲むのを拒むことがあります。

押さえつけたり、口を無理にこじ開けたりして飲ませようとすると、ますます薬を嫌いになってしまいます。お子さんが嫌がって飲めない時は、薬剤師や主治医に相談して下さいね。


               




閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月 ペンギンハウスmonthly news

暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続きますね。 みなさま、体調を崩されませんように体も心も温めてくださいね。 さて、今月は赤ちゃんのスキンケアについてのお話です。 大人に比べて皮脂が少なくやわらかい赤ちゃんの肌はデリケートです。 肌をすこやかに保つために、適切なスキンケア(しっかり洗って保湿すること)が大切です。 <入浴のポイント> ・1日1回、よく泡立てた石けんやシャンプーでよごれを取

1月 monthly news

新年、あけましておめでとうございます。 今回はインフルエンザについてお話します。 昨年から猛威を振るっているインフルエンザですが、毎年その時期に流行する型が出てきます。昨年の秋口からはA型が流行りました。また、A型にもいくつかの種類があったため、複数回罹患した方もおられると思います。今後はB型も出てくると言われているため、1度罹患していても、十分な予防を心がけていただければと思います。 インフルエ

12月ペンギンハウスmonthly news

インフルエンザの流行が全国的に流行しております。 ペンギンハウスでもインフルエンザのお子さまが連日ご利用されています。 最近のペンギンハウスのお預かりまでの流れについてのご案内とご協力のお願いをさせていただきます。 ペンギンハウスのお部屋は3部屋あり、同じ病気のお子さまが同室で過ごせるようになっております。 当院では、朝、8時以降に保護者の方から病児保育利用希望者のご連絡をお受けするところからはじ

bottom of page