top of page
  • 執筆者の写真ファミリークリニック・せぐち小児科

ペンギンハウス 6月monthly news


ペンギンハウスも、風邪をひいて咳や鼻汁が出るお子さんのお預かりが増えています。

季節の変わり目ということもあり、中には喘息発作が出るお子さんもおられます。


そこで今回は、咳の症状が出る時の対応と注意点について簡単にお話します。


咳は呼吸する空気の通り道(気道)に侵入したウイルスや細菌や異物などを除去しようとして出る、生体の防御反応の一つです。ですので基本的には無理に止める必要はありませんが、全身状態を観察して対処することが必要です。


 ・発熱もなく、食欲もあり、顔色もよく元気である。

 ・咳込んでいるが回数は少なく、眠れている。   ⇒急を要しないが、咳が増えたり、       

                         喘鳴(ゼーゼーやヒューヒュー)

                         がする時は、すみやかに小児医療

                         機関を受診する。 


 ・ずっと咳込んで止まらない。

 ・肩で息をするなど呼吸が苦しそう。

 ・呼吸が明らかに速い。            

 ・顔色や唇の色が少し悪い。           

 ・横になって眠れない、座り込んでいる。     ⇒夜間でも小児救急対応医療機関を 

                          受診。


 ・顔色が悪く唇の色が紫色をしている。

 ・呼吸が苦しくてしゃべれない。

 ・呼吸がくるしくて動けない。          ⇒救急車を呼ぶ。


また、咳は風邪や喘息発作などが原因で出ることが多いですが、異物の誤飲やアレルギーの原因となる物質のアレルゲンを摂取した時なども咳が出ることがあります。

日頃から子どもの体調や様子を観察しておくことが大切ですね。








閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月 ペンギンハウスmonthly news

暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続きますね。 みなさま、体調を崩されませんように体も心も温めてくださいね。 さて、今月は赤ちゃんのスキンケアについてのお話です。 大人に比べて皮脂が少なくやわらかい赤ちゃんの肌はデリケートです。 肌をすこやかに保つために、適切なスキンケア(しっかり洗って保湿すること)が大切です。 <入浴のポイント> ・1日1回、よく泡立てた石けんやシャンプーでよごれを取

1月 monthly news

新年、あけましておめでとうございます。 今回はインフルエンザについてお話します。 昨年から猛威を振るっているインフルエンザですが、毎年その時期に流行する型が出てきます。昨年の秋口からはA型が流行りました。また、A型にもいくつかの種類があったため、複数回罹患した方もおられると思います。今後はB型も出てくると言われているため、1度罹患していても、十分な予防を心がけていただければと思います。 インフルエ

12月ペンギンハウスmonthly news

インフルエンザの流行が全国的に流行しております。 ペンギンハウスでもインフルエンザのお子さまが連日ご利用されています。 最近のペンギンハウスのお預かりまでの流れについてのご案内とご協力のお願いをさせていただきます。 ペンギンハウスのお部屋は3部屋あり、同じ病気のお子さまが同室で過ごせるようになっております。 当院では、朝、8時以降に保護者の方から病児保育利用希望者のご連絡をお受けするところからはじ

bottom of page