• ファミリークリニック・せぐち小児科

ペンギンハウス 6月monthly news


ペンギンハウスも、風邪をひいて咳や鼻汁が出るお子さんのお預かりが増えています。

季節の変わり目ということもあり、中には喘息発作が出るお子さんもおられます。


そこで今回は、咳の症状が出る時の対応と注意点について簡単にお話します。


咳は呼吸する空気の通り道(気道)に侵入したウイルスや細菌や異物などを除去しようとして出る、生体の防御反応の一つです。ですので基本的には無理に止める必要はありませんが、全身状態を観察して対処することが必要です。


 ・発熱もなく、食欲もあり、顔色もよく元気である。

 ・咳込んでいるが回数は少なく、眠れている。   ⇒急を要しないが、咳が増えたり、       

                         喘鳴(ゼーゼーやヒューヒュー)

                         がする時は、すみやかに小児医療

                         機関を受診する。 


 ・ずっと咳込んで止まらない。

 ・肩で息をするなど呼吸が苦しそう。

 ・呼吸が明らかに速い。            

 ・顔色や唇の色が少し悪い。           

 ・横になって眠れない、座り込んでいる。     ⇒夜間でも小児救急対応医療機関を 

                          受診。


 ・顔色が悪く唇の色が紫色をしている。

 ・呼吸が苦しくてしゃべれない。

 ・呼吸がくるしくて動けない。          ⇒救急車を呼ぶ。


また、咳は風邪や喘息発作などが原因で出ることが多いですが、異物の誤飲やアレルギーの原因となる物質のアレルゲンを摂取した時なども咳が出ることがあります。

日頃から子どもの体調や様子を観察しておくことが大切ですね。








閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝晩の気温差が激しくなり、ぜんそく(気管支喘息)のお子さんが増えてきました。 ぜんそく(気管支喘息)とは、空気の通り道である気道に炎症が起こり狭くなって、呼吸が苦しくなる発作を繰り返す病気です。症状は治療によって、もしくは自然に軽快や消失することもありますが、ごく稀には致死的となることもあります。 今回は、小児のぜんそく(気管支喘息)についてご紹介します。 〇原因 小児で多いのは”アトピー型ぜんそ

ここのところぐっと冷え込んだせいか、風邪をひくお子さんが増えてきました。 ペンギンハウスも、気管支炎や咽頭炎でのお預かりが目立ちます。 そんな中、ヒトメタニューモウイルス感染症も流行中です。 ヒトメタニューモウイルス感染症は乳児期後期から5歳以下の小児で感染症状が出ます。 咳、鼻汁、喘鳴、呼吸困難など、少し前に流行したRSウイルス感染症の症状によく似ており、39℃の高熱が5日ほど持続します。 治療

9月に入り、朝晩寒くなってきましたね。でも日中はまだ暖かいし…着るものに困りますが、調節をしながら体調管理をしていきたいですね。 さて、季節の変わり目は咳が出るお子様がふえています。 今回はそんな中でも、急性喉頭炎(クループ)についてご紹介したいと思います。 急性喉頭炎(クループとも言います)は、冬場や季節の変わり目に乾いた咳(オットセイや犬の鳴くような咳)で気が付かれます。 パラインフルエンザウ