• ファミリークリニック・せぐち小児科

ペンギンハウス 7月monthly news

更新日:2020年8月19日

食中毒が発生しやすい季節になりました。

食中毒は外食等だけでなく、家庭の食事でも発生しています。食材選びから調理する過程など、もう一度確認して食中毒を防ぎましょう。


1.食中毒の原因

   食中毒の主な原因は「細菌」と「ウイルス」です。

   細菌→ 温度や湿度などの条件がそろうと食物の中で増殖し、それを食べて発生

       腸管出血性大腸菌(o157等)、カンピロバクター、サルモネラ属菌など

   ウイルス→ 食物の中で増殖せず、食物を通じて体内に入ると腸内で増殖して発生

         ノロウイルスなど


2.食中毒の予防

   食中毒の原因菌を

   「つけない」→洗う、分ける。

          食品を扱う前後の手洗い、生の物と加熱したものをつかむ箸を分ける


   「増やさない」→低温で保存。                       

           作った料理は長時間室温に放置しない。 

           冷蔵庫に入れても細菌はゆっくりと増殖するので、冷蔵庫を過信

           せず早めに食べる。                    


   「やっつける」→加熱処理。                         

           肉や魚は中心部を75℃で1分以上加熱が目安。野菜も加熱が安心

           生ものと加熱したものの箸は分ける。             


  食中毒の原因ウイルスを                            

   「持ち込まない」→健康状態の把握・管理                   

            嘔吐や下痢がある場合などは調理を行わない。        

   「ひろげない」→手洗い、定期的な消毒・清掃                 

           こまめに手洗いし、使用後の調理器具、ふきんなども、熱湯を

           かけたり、台所殺菌剤などで消毒する。          


3.食中毒かなと思ったら                           

   嘔吐や下痢の症状は、原因物質を排除しようという体の防御反応です。    

   市販の下痢止めなどの薬をむやみに服用せず、早めに医師の診断を受けましょう


                         政府広報オンラインより抜粋  

                  


                               

            





                                 

                  

           


                             



           


   

           

25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス感染拡大時における病児保育室ペンギンハウスのお預かりについて(2)

以前、上記についてご連絡させていただきましたが、感染状況は日々変化している状態です。病児保育室ペンギンハウスのお預かり対応も、感染状況によって随時変更させていただく場合がございます。 したがって、お預かり希望日の24時間以内に発熱された小学生であっても、近隣市町村の感染が少ない時期はお預かり可能な場合もありますので、ご相談ください。