• ファミリークリニック・せぐち小児科

小児の新型コロナウィルス感染症について(続報)

5月に入り、鳥取県でも新型コロナウィルス感染症が流行し始めています。

これまで、小児の感染は無症状が多かったのですが、

最近では、発熱・咽頭痛などの普通の風邪症状も出ています。

当院では、感染の可能性があれば抗原検査、PCR検査を実施することにしております。

ご心配の方は、前もって医院までお電話でご連絡ください。

640回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小児の新型コロナウイルス感染症について

最近、鳥取県内でも小児の新型コロナウイルス感染が目立っています。 保育園、小学校などでの感染によるクラスターも多くなっています。 発熱、かぜ症状、頭痛、だるさなどの症状で受診希望の方は、来院する前に前もって当院までお電話ください。 また、新型コロナウイルス感染の検査をご希望の場合には、小学校以上では唾液で、幼稚園以下の小児では鼻腔でのPCR検査を行っております。 発熱が2日以上の場合には鼻腔からの

代診のお知らせ

9/16(木)は院長不在の為、代診となります。 代診医は、鳥取大学医学部 西川健一先生です。 ペンギンハウスは通常通りとなります。 ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。