• ファミリークリニック・せぐち小児科

新型コロナウイルス感染拡大時における病児保育室ペンギンハウスのお預かりについて(3)

更新日:1月6日

新型コロナウイルスの新たな株(オミクロン株)の感染拡大に伴い、2022年1月より、病児保育室ペンギンハウスのお預かり対応を、下記の通りにさせていただきます。

ご不便、ご面倒をおかけすることと存じますが、皆様に安心・安全にご利用いただくためにご協力をお願い申し上げます。


●発熱などの風邪症状のあるお子様は入室前に抗原検査やPCR検査を実施させていただき、陰性確認後のお預かりとなる場合があります。


●明らかに感染の疑いがある場合、お預かりをお断りすることもあります。


●ご家族の方で風邪症状のある場合は、先に内科などを受診していただくようお願いいたします。


上記に限らず、今後の状況により随時変更させていただく場合もあります。

どうぞよろしくお願いいたします。

100回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

1/13(木)は院長不在の為、代診となります。代診医は、鳥取大学医学部 西川健一先生です。 ペンギンハウスは通常通りとなります。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

1月に入り、鳥取県でも急速にオミクロン株の流行がはじまっています。 症状は、発熱・セキ・鼻汁などの風邪症状です。家庭内感染で小児にも感染が広がります。 診察に際して、 ◎1週間以内に発熱・風邪症状のある方 ◎2週間以内にご本人・ご家族が県外に行かれた、または県外の方と接触があった方 ◎2週間以内にご家族に発熱・風邪症状など体調不良があった方 は、入室前にお電話で症状をお知らせください。 必要があれ

12月29日(水)午後から1月3日(月)まで休診となります。 病児保育室ペンギンハウスも同様です。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。