top of page
  • ファミリークリニック・せぐち小児科

病児保育室ペンギンハウス monthry news

新型コロナウイルスの流行で、各自がマスクや手洗い・消毒等を徹底して感染に気を付けるようになったせいか、風邪等の流行はありません。


ただここ数日は気温の差が大きく、体調が崩れてくるお子さんも出てくる可能性がありますので注意が必要です。


もし体調を崩してしまった時は、ペンギンハウスも医院と同様、環境の整備や室内、玩具の消毒をしておりますので、安心してご利用ください。


当院では、コロナ以外の流行がない今、予防接種の専用時間を延長して予防接種を推進しています。


ワクチンの接種回数は、生後2か月から半年間で15回以上にもなります。免疫の効果や、かかりやすかったり、かかった場合に重症化しやすい年齢などを考慮して時期が定められています。


何からどう受けていいかわからない方も気軽に当院にご相談下さい。


早くから病気を予防するために早めに計画を立てて、接種できる月齢になったらできるだけ早く受けましょう。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月16日(木)は都合によりペンギンハウスはお休みさせていただきます。 大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

新型コロナウィルス感染症は急速に減っていますが、東京や大阪ではA型インフルエンザが流行しています。まだ、インフルエンザワクチンをしていないお子様は、今からでも接種をお勧めします。2月中は予約を受け付けますので医院までお電話ください。

病児保育でお預かりする際に、保護者の方から“お薬の飲ませ方がわからない”“飲むのを嫌がる”等の悩みの声をお聞きすることがあります。 今回はお薬の飲ませ方のポイントをご紹介します。 <乳幼児への飲ませ方> 水薬はスポイトやスプーンを用いて飲ませます。一気に口の中に入れずに、少しずつ流しいれて下さい。 粉薬は、湯冷ましで溶かして、水薬と同じ方法で飲ませます。または、湯冷ましを一滴ずつ落としてペースト状

bottom of page