• ファミリークリニック・せぐち小児科

病児保育室ペンギンハウス monthry news

新型コロナウイルスの流行で、各自がマスクや手洗い・消毒等を徹底して感染に気を付けるようになったせいか、風邪等の流行はありません。


ただここ数日は気温の差が大きく、体調が崩れてくるお子さんも出てくる可能性がありますので注意が必要です。


もし体調を崩してしまった時は、ペンギンハウスも医院と同様、環境の整備や室内、玩具の消毒をしておりますので、安心してご利用ください。


当院では、コロナ以外の流行がない今、予防接種の専用時間を延長して予防接種を推進しています。


ワクチンの接種回数は、生後2か月から半年間で15回以上にもなります。免疫の効果や、かかりやすかったり、かかった場合に重症化しやすい年齢などを考慮して時期が定められています。


何からどう受けていいかわからない方も気軽に当院にご相談下さい。


早くから病気を予防するために早めに計画を立てて、接種できる月齢になったらできるだけ早く受けましょう。

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

代診のお知らせ

7/15(木)は院長不在の為、代診となります。 代診医は、鳥取大学医学部 西川健一先生です。 ペンギンハウスは通常通りとなります。 ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。

7月 mounthly news

先月から熱中症警報は発令される日もあり、これから本格的に暑い季節が続きますね。 汗には体温を調節する大切な役割がありますが、子どものころに汗をかく機会が少ないと、汗を分泌する汗腺が働かなくなってしまいます。 しかし、子どもは外気温の影響を受けやすく、暑い夏には大人よりも体温が早く上昇します。そのため、子どもは大人よりも早く熱中症にかかりやすいので、暑さ対策をしっかりして、夏を乗り切りたいですね。