• ファミリークリニック・せぐち小児科

院内トリアージ実施料及び二類感染症患者入院診療加算について(追記)

今現在新型コロナウイルス感染症は落ち着きつつありますが、年末年始に伴い第6波の流行が懸念されます。

当院は鳥取県より「診察・検査医療機関」の指定を受けております。

医師が必要と判断した場合には、新型コロナウイルスのPCR・抗原検査を実施しています。

つきましては、新型コロナウイルス感染症の可能性がある患者様の診療と検査を行うことに対して、厚生労働省の連絡(令和3年9月28日付)【新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その63)】に基づいて、院内トリアージ実施料と二類感染

症患者入院診療加算を加算させていただきます。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

130回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

1/13(木)は院長不在の為、代診となります。代診医は、鳥取大学医学部 西川健一先生です。 ペンギンハウスは通常通りとなります。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

1月に入り、鳥取県でも急速にオミクロン株の流行がはじまっています。 症状は、発熱・セキ・鼻汁などの風邪症状です。家庭内感染で小児にも感染が広がります。 診察に際して、 ◎1週間以内に発熱・風邪症状のある方 ◎2週間以内にご本人・ご家族が県外に行かれた、または県外の方と接触があった方 ◎2週間以内にご家族に発熱・風邪症状など体調不良があった方 は、入室前にお電話で症状をお知らせください。 必要があれ

新型コロナウイルスの新たな株(オミクロン株)の感染拡大に伴い、2022年1月より、病児保育室ペンギンハウスのお預かり対応を、下記の通りにさせていただきます。 ご不便、ご面倒をおかけすることと存じますが、皆様に安心・安全にご利用いただくためにご協力をお願い申し上げます。 ●発熱などの風邪症状のあるお子様は入室前に抗原検査やPCR検査を実施させていただき、陰性確認後のお預かりとなる場合があります。 ●