top of page
  • 執筆者の写真ファミリークリニック・せぐち小児科

1月 mounthly news

更新日:1月20日

新年、あけましておめでとうございます。

最近は比較的暖かな毎日ですが、お休み疲れなどされてないでしょうか。


近年インフルエンザ流行は、コロナの影響もあり影を潜めていましたが、

今年は全国的に増加している模様です。当院でも罹患されている方の受診が出てきました。


インフルエンザは、高熱・頭痛・関節痛が主症状です。


潜伏期は1〜3日です。飛沫感染なので、患者さんの2m以内にいる人にうつります。


迅速検査では、発熱してから半日以上経たないと、陽性にならないこともあります。


治療は、 内服薬…タミフル、ゾフルーザ(錠剤)、麻黄湯(漢方)

     吸入薬…リレンザ、イナビル

     点滴薬…ラピアクタ


解熱剤は、アセトアミノフェン系(アンヒバ・アルピニー・コカール・カロナール)を使用してください。


インフルエンザ脳症は、発熱してから1日半以内に起こります。痙攣・意識がおかしい等の時は、夜間でも救急を受診するようにしましょう。



インフルエンザにかかったら

発症後5日かつ解熱後2日(幼児にあっては3日)経過』

するまで学校(保育園・幼稚園)に行くことができません。


手洗い・うがい・こまめな換気を心掛けましょう。




閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年度がはじまり、新しい生活に少しづつ慣れてこられたでしょうか? 疲れが出て体調をこわすお子様もおられるかと思います。 今年はゴールデンウイークにお出かけされる方も多いかと思いますが、休養もしっかりとりながら、心身ともに元気にお過ごしくださいね☆ さて、今回は熱が出たときのホームケアについてご紹介したいと思います。 子どもの発熱の多くは、感染症によるものです。体温を上げることで、病気の原因(病原体

季節外れの暖かさになることも多かった3月ですが、朝晩は気温が下がったり、暖かい日の翌日に急に気温が下がったり、気温差が激しかったように思います。また、季節の移り目には体調も崩しやすいので、皆様ご自愛いただきたいと思います。 さて、寒い冬には窓を開けての換気は億劫になりますが、だんだんと暖かくなってきましたので、よく窓を開けて換気されるお家も増えてきたのではないでしょうか。今月はそんな換気についてお

年が明け、1・2月が慌ただしく過ぎていったように感じます。これから暖かくなっていき、草木が芽吹き新しい命がたくさん生まれてきますね。 さて、4月を迎えるにあたって、これから新しくお子様が保育園等に入園される保護者の方もおられるのではないでしょうか。お子様にとっては初めての集団保育になりますし、保護者の方は新しい環境での子どもの様子が何かと気がかりになると思います。 また、集団生活ですので、そこには

bottom of page