• ファミリークリニック・せぐち小児科

5月 monthly news


朝晩は冷え、日中は暑さを感じる季節になりましたね。

こんな季節は、朝、子どもたちに着させる服装にも迷いますよね。

この頃から、熱中症で搬送される方が徐々に増え始めるそうです。

熱中症の怖さは、突然の体調の変化。

元気いっぱいだった子どもが、突然重度の熱中症に見舞われることもあります。

身体が暑さに慣れていないこの時期は、特に熱中症を発症しやすいのですが、保護者も本人もすぐに気づけないことがあるようです。

そこで少し、熱中症について紹介したいと思います。


<熱中症になりやすいのはこんなとき>

・晴天で陽射しが強く感じられるとき

・風がない時

・涼しい日が続いた後急に気温が高くなった時

・曇天でも湿度が高くジメジメして不快な気候のとき

お子さんの場合は、寝不足、朝ごはんを食べていないといったことが影響することもあるようです。規則正しい生活を送ることも、熱中症対策のひとつといえます。


熱中症予防の最大のポイントは「水分補給」!!

子どもは何かに夢中になっていると、喉の渇きや体調変化に気付かないことがあります。

「喉が渇いた」と感じてから飲むよりも、こまめに水分補給するのが理想的。

学校では、休み時間ごとに水分を補給するようお子さんに伝えるのもいいかもしれませんね。


このほかに熱中症を防ぐ対策としては、

1、首元を締め付けない衣服を着せる

2、吸水速乾素材の肌着を着せる

3、こまめにハンカチやタオルで汗を拭くように習慣づける

4、必要に応じて着替えを持たせる


これらのことに気を付けて、暑い日を元気に過ごしましょう!


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝晩の気温差が激しくなり、ぜんそく(気管支喘息)のお子さんが増えてきました。 ぜんそく(気管支喘息)とは、空気の通り道である気道に炎症が起こり狭くなって、呼吸が苦しくなる発作を繰り返す病気です。症状は治療によって、もしくは自然に軽快や消失することもありますが、ごく稀には致死的となることもあります。 今回は、小児のぜんそく(気管支喘息)についてご紹介します。 〇原因 小児で多いのは”アトピー型ぜんそ

ここのところぐっと冷え込んだせいか、風邪をひくお子さんが増えてきました。 ペンギンハウスも、気管支炎や咽頭炎でのお預かりが目立ちます。 そんな中、ヒトメタニューモウイルス感染症も流行中です。 ヒトメタニューモウイルス感染症は乳児期後期から5歳以下の小児で感染症状が出ます。 咳、鼻汁、喘鳴、呼吸困難など、少し前に流行したRSウイルス感染症の症状によく似ており、39℃の高熱が5日ほど持続します。 治療

9月に入り、朝晩寒くなってきましたね。でも日中はまだ暖かいし…着るものに困りますが、調節をしながら体調管理をしていきたいですね。 さて、季節の変わり目は咳が出るお子様がふえています。 今回はそんな中でも、急性喉頭炎(クループ)についてご紹介したいと思います。 急性喉頭炎(クループとも言います)は、冬場や季節の変わり目に乾いた咳(オットセイや犬の鳴くような咳)で気が付かれます。 パラインフルエンザウ