top of page
  • 執筆者の写真ファミリークリニック・せぐち小児科

6月 mounthly news

6月に入り、じめじめする日々が続いていますね。

気温がそれほど上がらないため、熱中症はまだ大丈夫!と感じまずが、実は6月も熱中症に要注意なんです。

特に体温調節機能が十分に発達していない乳幼児は、大人よりも熱中症にかかりやすいといわれていますので、より一層の熱中症対策をおこなう必要があります。

今回は、乳幼児の熱中症対策をご紹介しますね。

  • 1.水分を多めにとろう 新陳代謝が活発なため、汗や尿として体から出ていく水分が多く、脱水を起こしやすい体です。水分を多く含む食事や、定期的な水分補給を心がけましょう。

  • 2.熱や日ざしから守ろう 自律神経の働きが未熟で、放熱や発汗による体温調節がうまくできません。熱のこもらない素材や薄い色の衣服を選んだり、日光を遮る帽子などを身につけたりさせましょう。

  • 3.地面の熱に気をつけよう 背が低かったり、ベビーカーの利用などで大人よりも地面に近い環境で過ごすことが多く、地表からの熱を受けやすくなります。子どもの高さの気温や湿度を気にかけましょう。

  • 4.暑い環境に置き去りにしないようにしよう 乳幼児は自分の力で移動することができないので、「寝ているから」「ちょっとの時間だから」と放置することは危険です。特に、車内に置き去りにすることは絶対にやめましょう。

  • 5.室内あそびも油断しないようにしよう 日差しがない屋内では大丈夫だろうと油断しがちです。屋外と同じ対策を意識しましょう。

  • 6.周りの大人が気にかけよう 暑さや体の不調を、まだ自分の言葉で十分に訴えることができないため、服装や摂取するものによる暑さ調節がうまくできません。汗や体温、顔色や泣き方など、赤ちゃん・子どもの様子を、まわりの大人が気にかけましょう。

  • 7.外で夢中になりすぎない 遊びに夢中になると、のどの渇きや気分の悪さなどの熱中症のサインに気づくのが遅くなります。子どもや特に乳幼児が遊びに夢中な場合には、大人が見守り休憩や水分補給をすすめましょう。

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月 ペンギンハウスmonthly news

暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続きますね。 みなさま、体調を崩されませんように体も心も温めてくださいね。 さて、今月は赤ちゃんのスキンケアについてのお話です。 大人に比べて皮脂が少なくやわらかい赤ちゃんの肌はデリケートです。 肌をすこやかに保つために、適切なスキンケア(しっかり洗って保湿すること)が大切です。 <入浴のポイント> ・1日1回、よく泡立てた石けんやシャンプーでよごれを取

1月 monthly news

新年、あけましておめでとうございます。 今回はインフルエンザについてお話します。 昨年から猛威を振るっているインフルエンザですが、毎年その時期に流行する型が出てきます。昨年の秋口からはA型が流行りました。また、A型にもいくつかの種類があったため、複数回罹患した方もおられると思います。今後はB型も出てくると言われているため、1度罹患していても、十分な予防を心がけていただければと思います。 インフルエ

12月ペンギンハウスmonthly news

インフルエンザの流行が全国的に流行しております。 ペンギンハウスでもインフルエンザのお子さまが連日ご利用されています。 最近のペンギンハウスのお預かりまでの流れについてのご案内とご協力のお願いをさせていただきます。 ペンギンハウスのお部屋は3部屋あり、同じ病気のお子さまが同室で過ごせるようになっております。 当院では、朝、8時以降に保護者の方から病児保育利用希望者のご連絡をお受けするところからはじ

bottom of page