• ファミリークリニック・せぐち小児科

7月 mounthly news

先月から熱中症警報は発令される日もあり、これから本格的に暑い季節が続きますね。

汗には体温を調節する大切な役割がありますが、子どものころに汗をかく機会が少ないと、汗を分泌する汗腺が働かなくなってしまいます。

しかし、子どもは外気温の影響を受けやすく、暑い夏には大人よりも体温が早く上昇します。そのため、子どもは大人よりも早く熱中症にかかりやすいので、暑さ対策をしっかりして、夏を乗り切りたいですね。


夏のマスクについて

2歳未満のお子様にはマスクをしないよう言われています。

乳幼児は自ら息苦しさや体調不良を訴えることが難しく、マスク着用に危険があります。

お子様がマスクを着用する場合は、いかなる年齢であっても、周囲の大人が注意することが必要です。

マスクをしていると喉や口の渇きがあまり感じられないことから、熱中症予防に重要なこまめな水分補給を忘れてしまうこともあります。

マスク着用により身体に負担がかかるので、感染対策をしながら、適宜マスクを外して休憩することも必要です。

25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

境港市の方も病児保育利用できます!

令和3年4月より境港市在住の方も米子市の病児・病後児施設を利用できるようになります。 ☆対象 ・生後6週~小学2年生までの幼児・児童 ・病中あるいは病気の回復期にある幼児・児童 ・保護者が就労等の事情により当日に家庭での保育ができない場合 ☆利用料 ・0円〜2,500円/日(世帯所得状況に応じて変わります) ※木曜日に病児保育室ペンギンハウスを利用した場合は0円〜1,500円/日となります。 ・利

大山町にお住まいの皆さま 必見です☆

令和3年度4月から、病児保育のご利用対象が拡大されます。 0歳(下限なし)〜小学6年生までのお子様がご利用対象になり、 また、幼稚園に通っておられるお子様もご利用可能になりましたのでご確認ください(*^^*)