top of page
  • 執筆者の写真ファミリークリニック・せぐち小児科

7月 mounthly news

先月から熱中症警報は発令される日もあり、これから本格的に暑い季節が続きますね。

汗には体温を調節する大切な役割がありますが、子どものころに汗をかく機会が少ないと、汗を分泌する汗腺が働かなくなってしまいます。

しかし、子どもは外気温の影響を受けやすく、暑い夏には大人よりも体温が早く上昇します。そのため、子どもは大人よりも早く熱中症にかかりやすいので、暑さ対策をしっかりして、夏を乗り切りたいですね。


夏のマスクについて

2歳未満のお子様にはマスクをしないよう言われています。

乳幼児は自ら息苦しさや体調不良を訴えることが難しく、マスク着用に危険があります。

お子様がマスクを着用する場合は、いかなる年齢であっても、周囲の大人が注意することが必要です。

マスクをしていると喉や口の渇きがあまり感じられないことから、熱中症予防に重要なこまめな水分補給を忘れてしまうこともあります。

マスク着用により身体に負担がかかるので、感染対策をしながら、適宜マスクを外して休憩することも必要です。

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月 monthly news

令和6年4月より、米子市にお住まいの方の病児保育利用料金が変更になります。 変更前は、お1人につき2,500円かかり、2日目以降も同じ料金がかかっていました。 変更後は、ご利用初日は2,500円になりますが、2日目以降の料金が1,000円となります。 ただし、同月内であることと、連日でのご利用の場合となります。 また、きょうだいでご利用される場合は、ご利用初日からお1人につき1,500円に変更され

3月 monthly news

3月に入り、温かい日が増えてきましたね。 季節の変わり目ですのでお体ご自愛下さいね。 今月は絵本が与える良い影響についてのお話です。 絵本を読むことで子どもは登場人物に共感し喜んだり怒ったり悲しんだりなどさまざまな感情を疑似体験することが出来ます。いろいろな感情表現を知ることで子どもは自分が感じている気持ちがどのようなものかわかり感情表現をしやすくなります。 さらに絵本の読み聞かせで身に付く力とし

2月 ペンギンハウスmonthly news

暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続きますね。 みなさま、体調を崩されませんように体も心も温めてくださいね。 さて、今月は赤ちゃんのスキンケアについてのお話です。 大人に比べて皮脂が少なくやわらかい赤ちゃんの肌はデリケートです。 肌をすこやかに保つために、適切なスキンケア(しっかり洗って保湿すること)が大切です。 <入浴のポイント> ・1日1回、よく泡立てた石けんやシャンプーでよごれを取

Comments


bottom of page