top of page
  • 執筆者の写真ファミリークリニック・せぐち小児科

7月 mounthly news

7月に入ってから雨が増え、梅雨が戻ってきたようなジメジメした暑さですね。

当院では、手足口病やヘルパンギーナなどの感染症も増えてきています。夏は、子どもがウイルス性の感染症にかかりやすい季節ですので、感染症の正しい知識を身につけて予防し、感染拡大を防ぎたいですね。そこで今月は、主な夏の感染症をご紹介します。


<主な夏の感染症>

〇手足口病

その名の通り、手、足、口に水疱ができる病気。お尻や肘、膝にできることもあります。                 以前かかった子どもでも、また感染する場合があります。

発熱しないことも多いので、体や口に中に水疱ができていないかを気にするようにし、サインに早めに気付くようにしましょう。

主な症状

・手のひら、足の裏、肘、膝、お尻などに小さな水疱ができる

・37~38℃前後の発熱(ただし、時に高熱になることも)

・口の中に白い水疱ができる

※発熱しない場合も多い


〇ヘルパンギーナ

突然高熱が出て、のどの痛みを訴えます。口の中をチェックして、水疱がないがチェックしましょう。なお、ヘルパンギーナかと思ったら、手足、肘、お尻などに発疹が出て手足口病と診断されることもあるなど、見分けは難しいので受診しましょう。

主な症状

・口の中に白い水疱ができる

・のどの痛み

・38~40℃の発熱(2~3日続くことも)


〇咽頭結膜熱(プール熱)

アデノウイルスが原因で起こる感染症です。夏、プールを介して流行するため、プール熱とも呼ばれていますが、プールに入らなくても、夏でなくても感染します。発熱に加え、のどの痛みや吐き気などの症状があれば、受診しましょう。

主な症状

・のどの痛み

・目が赤くなる

・吐き気

・腹痛

・下痢

・39~40℃の発熱(4~5日続くことも)



閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペンギンハウス 5月monthly news

新生活や連休の疲れが出てくるころかと思いますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 今回のmonthly newsでは、“吐いたとき”のホームケアについてご紹介します。 ●飲み過ぎて吐いたとき “いつ乳”といって、生後3ヶ月くらいまでは口元から母乳やミルクがたれることがあり ます。吐いたあとも機嫌はいいです。 ⇒元気にしていれば、問題ありません。 ●咳き込んで吐いたとき 肺炎や喘息発作などで咳き込

4月 monthly news

令和6年4月より、米子市にお住まいの方の病児保育利用料金が変更になります。 変更前は、お1人につき2,500円かかり、2日目以降も同じ料金がかかっていました。 変更後は、ご利用初日は2,500円になりますが、2日目以降の料金が1,000円となります。 ただし、同月内であることと、連日でのご利用の場合となります。 また、きょうだいでご利用される場合は、ご利用初日からお1人につき1,500円に変更され

3月 monthly news

3月に入り、温かい日が増えてきましたね。 季節の変わり目ですのでご自愛下さいね。 今月は絵本が与える良い影響についてのお話です。 絵本を読むことで子どもは登場人物に共感し喜んだり怒ったり悲しんだりなどさまざまな感情を疑似体験することが出来ます。いろいろな感情表現を知ることで子どもは自分が感じている気持ちがどのようなものかわかり感情表現をしやすくなります。 さらに絵本の読み聞かせで身に付く力としては

Comments


bottom of page