• ファミリークリニック・せぐち小児科

7月 mounthly news

7月に入ってから雨が増え、梅雨が戻ってきたようなジメジメした暑さですね。

当院では、手足口病やヘルパンギーナなどの感染症も増えてきています。夏は、子どもがウイルス性の感染症にかかりやすい季節ですので、感染症の正しい知識を身につけて予防し、感染拡大を防ぎたいですね。そこで今月は、主な夏の感染症をご紹介します。


<主な夏の感染症>

〇手足口病

その名の通り、手、足、口に水疱ができる病気。お尻や肘、膝にできることもあります。                 以前かかった子どもでも、また感染する場合があります。

発熱しないことも多いので、体や口に中に水疱ができていないかを気にするようにし、サインに早めに気付くようにしましょう。

主な症状

・手のひら、足の裏、肘、膝、お尻などに小さな水疱ができる

・37~38℃前後の発熱(ただし、時に高熱になることも)

・口の中に白い水疱ができる

※発熱しない場合も多い


〇ヘルパンギーナ

突然高熱が出て、のどの痛みを訴えます。口の中をチェックして、水疱がないがチェックしましょう。なお、ヘルパンギーナかと思ったら、手足、肘、お尻などに発疹が出て手足口病と診断されることもあるなど、見分けは難しいので受診しましょう。

主な症状

・口の中に白い水疱ができる

・のどの痛み

・38~40℃の発熱(2~3日続くことも)


〇咽頭結膜熱(プール熱)

アデノウイルスが原因で起こる感染症です。夏、プールを介して流行するため、プール熱とも呼ばれていますが、プールに入らなくても、夏でなくても感染します。発熱に加え、のどの痛みや吐き気などの症状があれば、受診しましょう。

主な症状

・のどの痛み

・目が赤くなる

・吐き気

・腹痛

・下痢

・39~40℃の発熱(4~5日続くことも)



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月に入り、新型コロナウイルスの流行が拡大する中、子どもたちのあいだではRSウイルス感染症も大流行しています。 ペンギンハウスもRSウイルス感染症のお子さんが多いです。 RSウイルス感染症は、発熱、鼻汁、鼻詰まり、咳、ゼイゼイなどの症状がひどく、生後6ヶ月以内の赤ちゃんや基礎疾患のある赤ちゃんがかかると重症化しやすい風邪です。 咳や鼻汁で寝られない、飲めない、食べられない状態が続くと入院が必要にな

朝晩は冷え、日中は暑さを感じる季節になりましたね。 こんな季節は、朝、子どもたちに着させる服装にも迷いますよね。 この頃から、熱中症で搬送される方が徐々に増え始めるそうです。 熱中症の怖さは、突然の体調の変化。 元気いっぱいだった子どもが、突然重度の熱中症に見舞われることもあります。 身体が暑さに慣れていないこの時期は、特に熱中症を発症しやすいのですが、保護者も本人もすぐに気づけないことがあるよう