• ファミリークリニック・せぐち小児科

7月 mounthly news

7月に入ってから雨が増え、梅雨が戻ってきたようなジメジメした暑さですね。

当院では、手足口病やヘルパンギーナなどの感染症も増えてきています。夏は、子どもがウイルス性の感染症にかかりやすい季節ですので、感染症の正しい知識を身につけて予防し、感染拡大を防ぎたいですね。そこで今月は、主な夏の感染症をご紹介します。


<主な夏の感染症>

〇手足口病

その名の通り、手、足、口に水疱ができる病気。お尻や肘、膝にできることもあります。                 以前かかった子どもでも、また感染する場合があります。

発熱しないことも多いので、体や口に中に水疱ができていないかを気にするようにし、サインに早めに気付くようにしましょう。

主な症状

・手のひら、足の裏、肘、膝、お尻などに小さな水疱ができる

・37~38℃前後の発熱(ただし、時に高熱になることも)

・口の中に白い水疱ができる

※発熱しない場合も多い


〇ヘルパンギーナ

突然高熱が出て、のどの痛みを訴えます。口の中をチェックして、水疱がないがチェックしましょう。なお、ヘルパンギーナかと思ったら、手足、肘、お尻などに発疹が出て手足口病と診断されることもあるなど、見分けは難しいので受診しましょう。

主な症状

・口の中に白い水疱ができる

・のどの痛み

・38~40℃の発熱(2~3日続くことも)


〇咽頭結膜熱(プール熱)

アデノウイルスが原因で起こる感染症です。夏、プールを介して流行するため、プール熱とも呼ばれていますが、プールに入らなくても、夏でなくても感染します。発熱に加え、のどの痛みや吐き気などの症状があれば、受診しましょう。

主な症状

・のどの痛み

・目が赤くなる

・吐き気

・腹痛

・下痢

・39~40℃の発熱(4~5日続くことも)



閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝晩の気温差が激しくなり、ぜんそく(気管支喘息)のお子さんが増えてきました。 ぜんそく(気管支喘息)とは、空気の通り道である気道に炎症が起こり狭くなって、呼吸が苦しくなる発作を繰り返す病気です。症状は治療によって、もしくは自然に軽快や消失することもありますが、ごく稀には致死的となることもあります。 今回は、小児のぜんそく(気管支喘息)についてご紹介します。 〇原因 小児で多いのは”アトピー型ぜんそ

ここのところぐっと冷え込んだせいか、風邪をひくお子さんが増えてきました。 ペンギンハウスも、気管支炎や咽頭炎でのお預かりが目立ちます。 そんな中、ヒトメタニューモウイルス感染症も流行中です。 ヒトメタニューモウイルス感染症は乳児期後期から5歳以下の小児で感染症状が出ます。 咳、鼻汁、喘鳴、呼吸困難など、少し前に流行したRSウイルス感染症の症状によく似ており、39℃の高熱が5日ほど持続します。 治療

9月に入り、朝晩寒くなってきましたね。でも日中はまだ暖かいし…着るものに困りますが、調節をしながら体調管理をしていきたいですね。 さて、季節の変わり目は咳が出るお子様がふえています。 今回はそんな中でも、急性喉頭炎(クループ)についてご紹介したいと思います。 急性喉頭炎(クループとも言います)は、冬場や季節の変わり目に乾いた咳(オットセイや犬の鳴くような咳)で気が付かれます。 パラインフルエンザウ