top of page
  • 執筆者の写真ファミリークリニック・せぐち小児科

8月 monthly news

毎日厳しい暑さが続いていますが、8月にはいってもRSウイルス感染症の流行が収まりません。

RSウイルス感染症は、鼻汁が多く鼻が詰まり、ゼイゼイして発熱があります。

急性中耳炎を併発しやすく、鼻汁を吸引したり、吸入で痰を取り、気管支を広げるなどの治療を行います。

発熱してから1週間ほどでよくなりますが、生後6ヶ月以下の乳児は悪化しやすく、寝られない、飲めない状態が続くと入院が必要になります。

このような症状が見られたら早めに受診しましょう。






閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示

7月monthly news 解熱剤の使い方

このところとても暑い日が続いていますね。夜も気温が下がらず、また湿度も高いため、適切にエアコンを使用してもらえたらと思います。熱中症で一番気をつけなければいけないのは、気温よりも湿度になるため、体調管理に気をつけて下さい。 今回はお子様の熱が下がらない時の解熱剤の使い方についてご紹介します。 目安としては、38℃以上でつらそうにしている時は解熱剤を使います。 高熱でも、元気があり、食事・睡眠ができ

ペンギンハウス6月monthly news

最近ニュースで車を利用時のお子さんの事故についての記事を見かけます。 しかしながら、車は生活の中で切り離せない生活必需品である方が多いですよね。 病院までの受診の際も、多くの方が車で来院されているようです。 今月はチャイルドシートについてのお話しです ☆チャイルドシートの種類 乳児用 13キロ未満  70㎝以下 新生児~1歳くらい「シートタイプ」と「ベッドタイプ」があります。 幼児用 9から18キ

ペンギンハウス 5月monthly news

新生活や連休の疲れが出てくるころかと思いますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 今回のmonthly newsでは、“吐いたとき”のホームケアについてご紹介します。 ●飲み過ぎて吐いたとき “いつ乳”といって、生後3ヶ月くらいまでは口元から母乳やミルクがたれることがあり ます。吐いたあとも機嫌はいいです。 ⇒元気にしていれば、問題ありません。 ●咳き込んで吐いたとき 肺炎や喘息発作などで咳き込

Comments


bottom of page