• ファミリークリニック・せぐち小児科

9月 mounthly news

生後6ヶ月以内の赤ちゃんの風邪に注意しましょう!

生後3~6ヶ月ごろまでの赤ちゃんは、風邪にかかりにくいです。

でも風邪にかかったら、重症になることがあるので注意しましょう。


1.赤ちゃんが、風邪にかかりにくのはなぜ?

赤ちゃんはお母さんのお腹にいるときに、胎盤から抗体という、免疫を担当するタンパク 質をたくさんもらって生まれてきます。このため、生後6ヶ月くらいまでは病気になりにくいのです。また、母乳育児の赤ちゃんは、IgA(アイジーエイ)という免疫力を持つたんぱく質を母乳からもらっていますので、ますます病気には抵抗力が出てきます。


2.どういう病気がありますか?

赤ちゃんは、お母さんからもらう抗体によって守られています。でも抗体をもらえない病気にはかかりやすくなっています。例えば、百日咳はワクチンをしないといけません。また、RSウイルスは、気管支炎肺炎をおこします。セキが出ていて、だんだん母乳やミルクの飲みが悪くなり、呼吸が不規則になり、ひどい時には、呼吸が止まってしまいます。

また、インフルエンザ菌や肺炎球菌のような重症の肺炎もあります。


3.赤ちゃんの風邪にはどう注意したらいいのですか?

機嫌はいいか、母乳(ミルク)は普通に飲んでいるか、睡眠は普段のようにとれているか、呼吸は規則的にできているか、などを観察してください。

38.5度以上の発熱は24時間以内に必ず受診してください。


「赤ちゃんは風邪にかかりにくい」…のですが、

いったん風邪になると進行がはやく、急変することも多いので、

細心の注意が必要です。


判断に困ったら、遠慮なくご連絡くださいね。

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス感染拡大時における病児保育室ペンギンハウスのお預かりについて

このところ新型コロナウイルス感染が急激に拡大しています。 そこで当面の間、病児保育室ペンギンハウスのお預かりの対応を下記の通りにさせていただきます。 ご不便、ご面倒をおかけすることと存じますが、皆様に安心・安全にご利用いただくためにご協力をお願い申し上げます。 ●ご家族に濃厚接触者がいる場合 接触後2週間経過観察した後、ご家族に発症がなければお預かり可能。 ●乳幼児 ご家族に発熱などの症状あれば、

7月 mounthly news

先月から熱中症警報は発令される日もあり、これから本格的に暑い季節が続きますね。 汗には体温を調節する大切な役割がありますが、子どものころに汗をかく機会が少ないと、汗を分泌する汗腺が働かなくなってしまいます。 しかし、子どもは外気温の影響を受けやすく、暑い夏には大人よりも体温が早く上昇します。そのため、子どもは大人よりも早く熱中症にかかりやすいので、暑さ対策をしっかりして、夏を乗り切りたいですね。