• ファミリークリニック・せぐち小児科

9月 mounthly news

生後6ヶ月以内の赤ちゃんの風邪に注意しましょう!

生後3~6ヶ月ごろまでの赤ちゃんは、風邪にかかりにくいです。

でも風邪にかかったら、重症になることがあるので注意しましょう。


1.赤ちゃんが、風邪にかかりにくのはなぜ?

赤ちゃんはお母さんのお腹にいるときに、胎盤から抗体という、免疫を担当するタンパク 質をたくさんもらって生まれてきます。このため、生後6ヶ月くらいまでは病気になりにくいのです。また、母乳育児の赤ちゃんは、IgA(アイジーエイ)という免疫力を持つたんぱく質を母乳からもらっていますので、ますます病気には抵抗力が出てきます。


2.どういう病気がありますか?

赤ちゃんは、お母さんからもらう抗体によって守られています。でも抗体をもらえない病気にはかかりやすくなっています。例えば、百日咳はワクチンをしないといけません。また、RSウイルスは、気管支炎肺炎をおこします。セキが出ていて、だんだん母乳やミルクの飲みが悪くなり、呼吸が不規則になり、ひどい時には、呼吸が止まってしまいます。

また、インフルエンザ菌や肺炎球菌のような重症の肺炎もあります。


3.赤ちゃんの風邪にはどう注意したらいいのですか?

機嫌はいいか、母乳(ミルク)は普通に飲んでいるか、睡眠は普段のようにとれているか、呼吸は規則的にできているか、などを観察してください。

38.5度以上の発熱は24時間以内に必ず受診してください。


「赤ちゃんは風邪にかかりにくい」…のですが、

いったん風邪になると進行がはやく、急変することも多いので、

細心の注意が必要です。


判断に困ったら、遠慮なくご連絡くださいね。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝晩は冷え、日中は暑さを感じる季節になりましたね。 こんな季節は、朝、子どもたちに着させる服装にも迷いますよね。 この頃から、熱中症で搬送される方が徐々に増え始めるそうです。 熱中症の怖さは、突然の体調の変化。 元気いっぱいだった子どもが、突然重度の熱中症に見舞われることもあります。 身体が暑さに慣れていないこの時期は、特に熱中症を発症しやすいのですが、保護者も本人もすぐに気づけないことがあるよう

鳥取県でも新型コロナウイルスのクラスターが発生するなど、流行が収まらず、保育園や学校もたびたび休園・休校するなど落ち着かない日々が続いていますね。 その他の病気の流行はありませんが、咽頭炎などでペンギンハウスを利用されるお子さんも少しずつ増えています。 現在、ペンギンハウスでは、入室時に必ず当院で抗原検査またはPCR検査を受けてから入室していただくようにしています。 朝お急ぎのところ時間がかかりご