• ファミリークリニック・せぐち小児科

悲しい夜

先日の我が家の話しです。

夜の22時30分頃、固定電話が鳴り、普段夜遅くに電話が鳴ることがないので、警戒しながら電話に出ました。

「もしもし」→相手も「もしもし」 何回かこれを繰り返し、若い男性の声だったので、県外の大学に行っている息子の名前を「ooo?」と問いてみると「そうだけど」と返答。

本当に息子だったのですが、それを傍で聞いていた高校生の娘に「そこは名前先に言ったらダメだよ」と

なるほど!オレオレ詐欺はこんな感じなのかと思いました。

息子とは音信不通だったわけではなく、数日前も声を聞いたばかり。

普段は携帯電話に連絡してくる息子、携帯電話の画面を見て電話にでますが、情報がないと分からないものだと思いました。

息子の声も分からなくなったのかと老いを感じる悲しい夜でした。

息子も少なからず、ショックだったようです。


閲覧数:169回0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆様、いかがお過ごしでしょうか。 新学期が始まり、忙しい時期になりましたね。 我が家の子どもも最上級生となり、毎日はりきって登校しています。 気がつけば桜も散りはじめ、ずでに葉桜になっていて驚きました。 余裕をもって毎日を丁寧に過ごしていれば 少しの変化にも気づけるのになあ‥と思う日々です。 新型コロナの感染もなかなか落ちつきをみせませんが その中で楽しみを見つけていけたらいいですね。 お身体に気