• ファミリークリニック・せぐち小児科

ペンギンハウス 11月monthly news

ペンギンハウス隣の公園の木々もすっかり紅葉し、子どもたちの元気な声も聞こえてくるようになりました。


ペンギンハウスには、季節の変わり目で風邪をひいたり、喘息がでて利用されるお子さんが増えてきています。

新型コロナウイルスの流行も続いていますので、皆様も、マスク、手洗い、消毒、うがい等を引き続き行い、体調管理を万全になさってくださいね。


さて、新型コロナウイルスの流行して以来、全国的に病児保育室の利用者が減少していることから、コロナの感染が心配で利用がないのか、その他の理由があるのか、ペンギンハウスに問題はないのかを知りたいと思い、本年9月19日~10月10日までの間、当院外来患者様100名(無作為・予防接種含む)に対してアンケート調査を実施しました。

ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。


アンケート結果についてご報告させていただきます。



ペンギンハウス🏠アンケート


① ペンギンハウスをご存知ですか? はい 97 ・ いいえ 


② ペンギンハウスを利用したことありますか? はい 26・ いいえ 74


③ 今後、ペンギンハウスを利用したいと思いますか? はい61 ・ いいえ39 


④ ③で「はい」と答えた方に伺います

今は、コロナの関係で利用を控えている。 はい ・ いいえ 52


⑤ ③で「いいえ」と答えた方に伺います

利用しない理由は何ですか?(複数回答OKです)


・保育料が高い 


・両親のどちらかが、仕事が休める 37


・両親以外の親族で、見てくれる人がいる 36


・以前利用して、不信感があった 


・他の病児保育室が利用しやすい 

(具体的に:     )

     

・最近、病気にかからなくなった 18


・コロナウイルス感染が心配 


・病児保育室内でのコロナウイルス以外の病気の感染が心配 


・その他(         )

          以上




回答者100名のうち、「ペンギンハウスを利用したことがある」が26人で少なかったものの、「今後ペンギンハウスを利用したいと思いますか?」の質問に「はい」と答えた方が61名でした。

その内、「コロナで利用を控えている」の質問に「はい」と答えた方が9名、「いいえ」と答えた方が52名であり、52名中利用しない理由のほとんどが、両親のどちらかが仕事を休める、親族で看てくれる人がいる、最近病気にかからなくなった等でした。


このことから、ほとんどが感染が心配というよりは、コロナ禍で、一人一人の感染予防意識が高まり、子どもが病気にかからなくなったり、仕事の休みが取れるという理由だと思われました。


その他ペンギンハウスに対する具体的なご意見では、「前日予約が取れたらよい」「子どもが慣れない環境に適応できるかどうか不安」「いつも丁寧に面倒をみてもらい安心して預けられる」がありました。


前日予約について、保護者の方々には「明日は預けるところがある」という安心感はとても大きいと思います。ペンギンハウスは当日朝の予約のみですが、「夜中や当日の急病の時は入りやすい」というお声もいただいています。

そこで、現在ほぼお断りなく入っていただける状況が続いているため、当面は当日予約のみとさせていただき、今後は「前日予約」も前向きに検討していきたいと思います。


保育料の減額につきましても、市町村に対して引き続きお願いをしてまいります。


コロナ禍の中、感染の他様々な不安があると思いますが、感染予防はもちろんのこと、保護者の方々やお子様に寄り添った保育を心掛けていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。










22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス感染拡大時における病児保育室ペンギンハウスのお預かりについて(2)

以前、上記についてご連絡させていただきましたが、感染状況は日々変化している状態です。病児保育室ペンギンハウスのお預かり対応も、感染状況によって随時変更させていただく場合がございます。 したがって、お預かり希望日の24時間以内に発熱された小学生であっても、近隣市町村の感染が少ない時期はお預かり可能な場合もありますので、ご相談ください。