• ファミリークリニック・せぐち小児科

今できること

 4月に入り、すっかり春めいてきましたね。

新型コロナウイルスの世界的な大流行で、イベントの中止や外出自粛など、精神的につらい状況ですが、小さな楽しみを見つけながら乗り切って行きたいですね。

 最近のペンギンハウスは、感染症のお子様のお預かりは少なく、発熱、軽い風邪症状のお子様が多いです。また、保育園、幼稚園、学校などの登園基準も厳しくなり、解熱後24時間経過が必要だったり、軽い風邪症状でも登園、登校できないこともあります。

 そこで、体調を崩さないために何を気を付ければいいのか、ご紹介しますね。

①外出時のマスク着用、手洗い、うがい、消毒を徹底する

②なるべく不要不急の外出は避け、人の多い場所には特に行かないようにする。

③水分補給をこまめにする。

④小さな体調の変化に気づき、早めに医療機関に連絡、受診する。

出来ることから気を付けていきましょう。



閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月に入り、新型コロナウイルスの流行が拡大する中、子どもたちのあいだではRSウイルス感染症も大流行しています。 ペンギンハウスもRSウイルス感染症のお子さんが多いです。 RSウイルス感染症は、発熱、鼻汁、鼻詰まり、咳、ゼイゼイなどの症状がひどく、生後6ヶ月以内の赤ちゃんや基礎疾患のある赤ちゃんがかかると重症化しやすい風邪です。 咳や鼻汁で寝られない、飲めない、食べられない状態が続くと入院が必要にな

7月に入ってから雨が増え、梅雨が戻ってきたようなジメジメした暑さですね。 当院では、手足口病やヘルパンギーナなどの感染症も増えてきています。夏は、子どもがウイルス性の感染症にかかりやすい季節ですので、感染症の正しい知識を身につけて予防し、感染拡大を防ぎたいですね。そこで今月は、主な夏の感染症をご紹介します。 <主な夏の感染症> 〇手足口病 その名の通り、手、足、口に水疱ができる病気。お尻や肘、膝に