top of page
  • ファミリークリニック・せぐち小児科

今できること

 4月に入り、すっかり春めいてきましたね。

新型コロナウイルスの世界的な大流行で、イベントの中止や外出自粛など、精神的につらい状況ですが、小さな楽しみを見つけながら乗り切って行きたいですね。

 最近のペンギンハウスは、感染症のお子様のお預かりは少なく、発熱、軽い風邪症状のお子様が多いです。また、保育園、幼稚園、学校などの登園基準も厳しくなり、解熱後24時間経過が必要だったり、軽い風邪症状でも登園、登校できないこともあります。

 そこで、体調を崩さないために何を気を付ければいいのか、ご紹介しますね。

①外出時のマスク着用、手洗い、うがい、消毒を徹底する

②なるべく不要不急の外出は避け、人の多い場所には特に行かないようにする。

③水分補給をこまめにする。

④小さな体調の変化に気づき、早めに医療機関に連絡、受診する。

出来ることから気を付けていきましょう。



閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月16日(木)は都合によりペンギンハウスはお休みさせていただきます。 大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

病児保育でお預かりする際に、保護者の方から“お薬の飲ませ方がわからない”“飲むのを嫌がる”等の悩みの声をお聞きすることがあります。 今回はお薬の飲ませ方のポイントをご紹介します。 <乳幼児への飲ませ方> 水薬はスポイトやスプーンを用いて飲ませます。一気に口の中に入れずに、少しずつ流しいれて下さい。 粉薬は、湯冷ましで溶かして、水薬と同じ方法で飲ませます。または、湯冷ましを一滴ずつ落としてペースト状

新年、あけましておめでとうございます。 最近は比較的暖かな毎日ですが、お休み疲れなどされてないでしょうか。 近年インフルエンザ流行は、コロナの影響もあり影を潜めていましたが、 今年は全国的に増加している模様です。当院でも罹患されている方の受診が出てきました。 インフルエンザは、高熱・頭痛・関節痛が主症状です。 潜伏期は1〜3日です。飛沫感染なので、患者さんの2m以内にいる人にうつります。 迅速検査

bottom of page