• ファミリークリニック・せぐち小児科

今できること

 4月に入り、すっかり春めいてきましたね。

新型コロナウイルスの世界的な大流行で、イベントの中止や外出自粛など、精神的につらい状況ですが、小さな楽しみを見つけながら乗り切って行きたいですね。

 最近のペンギンハウスは、感染症のお子様のお預かりは少なく、発熱、軽い風邪症状のお子様が多いです。また、保育園、幼稚園、学校などの登園基準も厳しくなり、解熱後24時間経過が必要だったり、軽い風邪症状でも登園、登校できないこともあります。

 そこで、体調を崩さないために何を気を付ければいいのか、ご紹介しますね。

①外出時のマスク着用、手洗い、うがい、消毒を徹底する

②なるべく不要不急の外出は避け、人の多い場所には特に行かないようにする。

③水分補給をこまめにする。

④小さな体調の変化に気づき、早めに医療機関に連絡、受診する。

出来ることから気を付けていきましょう。



50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

7月 mounthly news

先月から熱中症警報は発令される日もあり、これから本格的に暑い季節が続きますね。 汗には体温を調節する大切な役割がありますが、子どものころに汗をかく機会が少ないと、汗を分泌する汗腺が働かなくなってしまいます。 しかし、子どもは外気温の影響を受けやすく、暑い夏には大人よりも体温が早く上昇します。そのため、子どもは大人よりも早く熱中症にかかりやすいので、暑さ対策をしっかりして、夏を乗り切りたいですね。

境港市の方も病児保育利用できます!

令和3年4月より境港市在住の方も米子市の病児・病後児施設を利用できるようになります。 ☆対象 ・生後6週~小学2年生までの幼児・児童 ・病中あるいは病気の回復期にある幼児・児童 ・保護者が就労等の事情により当日に家庭での保育ができない場合 ☆利用料 ・0円〜2,500円/日(世帯所得状況に応じて変わります) ※木曜日に病児保育室ペンギンハウスを利用した場合は0円〜1,500円/日となります。 ・利