• ファミリークリニック・せぐち小児科

ペンギンハウス1月monthly news

明けましておめでとうございます。本年も、病児保育室ペンギンハウスをよろしくお願い申し上げます。

今年に入り、お預かりは少ないものの、新型コロナウイルスの新たな株(オミクロン株)の流行が拡大していたりと、まだまだ予断を許さない状況が続いています。基本的な対策は今までと変わらず、3密の回避、マスクの適切な着用、こまめな換気、手洗いです。

今一度気を引き締めて対策をしていきましょう!


☆感染症予防の基本『手洗い』☆

手指についたウイルスの対策は、洗い流すことが最も重要です。

手や指に付着しているウイルスの数は、流水による15秒の手洗いだけで1/100に、石けんなどで10秒もみ洗いし、流水で15秒すすぐと1/10000に減らせます。


手洗い時には…

・爪は短く切る

・時計や指輪ははずす

・洗い終わったら、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かす

ことが大切です。


とくに、食事前や調理前、外出後やトイレ使用後には手洗いを!!

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝晩の気温差が激しくなり、ぜんそく(気管支喘息)のお子さんが増えてきました。 ぜんそく(気管支喘息)とは、空気の通り道である気道に炎症が起こり狭くなって、呼吸が苦しくなる発作を繰り返す病気です。症状は治療によって、もしくは自然に軽快や消失することもありますが、ごく稀には致死的となることもあります。 今回は、小児のぜんそく(気管支喘息)についてご紹介します。 〇原因 小児で多いのは”アトピー型ぜんそ

ここのところぐっと冷え込んだせいか、風邪をひくお子さんが増えてきました。 ペンギンハウスも、気管支炎や咽頭炎でのお預かりが目立ちます。 そんな中、ヒトメタニューモウイルス感染症も流行中です。 ヒトメタニューモウイルス感染症は乳児期後期から5歳以下の小児で感染症状が出ます。 咳、鼻汁、喘鳴、呼吸困難など、少し前に流行したRSウイルス感染症の症状によく似ており、39℃の高熱が5日ほど持続します。 治療

9月に入り、朝晩寒くなってきましたね。でも日中はまだ暖かいし…着るものに困りますが、調節をしながら体調管理をしていきたいですね。 さて、季節の変わり目は咳が出るお子様がふえています。 今回はそんな中でも、急性喉頭炎(クループ)についてご紹介したいと思います。 急性喉頭炎(クループとも言います)は、冬場や季節の変わり目に乾いた咳(オットセイや犬の鳴くような咳)で気が付かれます。 パラインフルエンザウ